緊急連絡 楽ちん多面の対応について

楽ちん多面におきましては、多くの皆様にご愛用いただき、大変感謝いたしております。さて、これまで「楽ちん多面」の購入や操作、研修について対応して参りました農村づくり・ICT支援研究会会長の山本でございますが、急ではございますが、これから三週間程度、病気療養のためお休みをいただきくことになりました。この間、代わって副会長の友松が対応しますので、ユーザーの皆様の質問、新機購入の問い合わせにつきましては、今まで通り、多面ホームページをご利用頂き、nousontamen@web.so-net.jpのアドレスへのメール質問も受け付けますので、よろしくお願いします。会長が我儘な療養期間を頂くことをお許しください。

令和4年度版楽ちん多面Ver.1.4.0.1 6月10日10時更新スタート!

 農林水産省の令和4年度版の様式にも対応していますので、ユーザーの皆様はどちら様も、必ず、「ダウンロードサービス」からダウンロードしてインストール(以前のバージョンのアンインストール後)をお願いします。また、新規購入をご希望の方は、是非お問合わせください。

 今回の更新では、様式改定への対応に加え、源泉徴収票や振込表が作成でき、役員費も扱えます。更に、個人情報のセキュリティも強化されました。新たな機能の操作については、ホームページの「操作を学ぶ」の「4-3.令和4年度Ver.1.4.0.1の改良点の操作説明」を参照ください。元々の操作についてはこれまでのマニュアル類をそのままお使いください。

※今回の更新は、ダウンロード配信のみとなります。ユーザーの皆様には順次、更新のお知らせをメールでいたしますが、このページをご覧いただいた皆様は、メール配信を待たず、ダウンロードをお願いします。

※なお、ユーザーの皆様で、ログインに不具合がある場合はメールで連絡ください。

※これまでの機能の概要については、このページの一番下「楽ちん多面の特徴と操作」にビデオがありますので、それをご覧ください。

令和4年度版『楽ちん多面』パンフレット

楽ちん多面(令和4年度版)の公開と様式の改定について

 農林水産省の様式改定に沿った「楽ちん多面(令和4年度版)」を公開しました。また、令和4年4月27日現在で、一般形、青森県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、新潟県、富山県、福井県、群馬県、山梨県、埼玉県、栃木県、静岡県、岐阜県、長野県、三重県、和歌山県、兵庫県、島根県、鳥取県、愛媛県、香川県、高知県、大分県、鹿児島県についての楽ちん多面用の様式公開しました。

※各県の様式はまだ出そろっていない段階ではありますが、令和3年度の様式、追加項目を踏襲し、令和4年度版として公開しました。国の様式である一般形については、農林水産省のホームページに公開されている様式通りに作成してあります。各県の様式は、基本方針が確認できれば確定していきます。

※ユーザーの皆様におかれましては、早めにダウンロードサービスサイトより、最新版のダウンロード&インストールをお願いします。なお、様式が違いますので、令和3年度の処理が終了した後で更新してください。

令和4年度版の改定点 ①様式第1-6と様式第1-7において、データ転記行の始まりが8行から9行に変わりました。②活動項目60の「広報活動」が「広報活動・農的関係人口の拡大」に変わりました。

※令和3年度版で記録作業はできますが、報告様式への転記は最新版を使うようにしてください。利用途中での新様式への更新は、すでにマニュアル(虎の巻「8.利用途中での申請・報告様式の変更について【R2】)に公開していますので、こ参照ください。

令和4年度の作業開始時の注意

楽ちん多面は年度毎に、tamenファイルと申請・報告様式と写真フォルダーが一つとなったフォルダーを作ってもらうことが原則です。R3の作業フォルダーの続きでR4の作業をしないようにしてください。写真ファイル名が重複し、前の写真が無くなったり、各種帳票出力のファイル名が多くなって見分けにくくなります。どうぞ、よろしくお願いします。参考には「ファイル管理とバックアップ」をご覧ください。  

注意:楽ちん多面の広告をご覧いただいているお客様から、「令和○年度版とあるが、楽ちん多面は毎年購入しないといけないのか」との質問をいただくことがありますが、楽ちん多面は一度購入いただきますと、今期5年間の年度更新は無料です。

試用版 無料で始めました!

楽ちん多面は、簡単なソフトなので、ホームページにある概要やマニュアルを見ていただければ、ほとんどの内容は分かるようになっています。よって、直接購入いただいても支障なく利用できることを理由に、これまで試用版サービスは控えてきました。 しかし、本当に使えるかどうか試してから購入したいとい要望が多くありましたし、少しでも多くのユーザーに提供したい、かつ、農村へのICTの導入をもっと促進したいという研究会の想いもあり、今回ついに、2週間試用版を無償で提供することとなりました。 本ホームページの「購入の手続きとダウンロード」より申し込みください。 購入手続きとダウンロード

MENU