楽ちん多面 最新情報

「楽ちん多面」ユーザーの皆様、また、今年度より、新たに「楽ちん多面」を使って事務を簡素化しようと計画している組織の皆様。「楽ちん多面」の令和2年度版の更新・販売お待たせしております。

今回の改良は、平成31年度版をご利用いただいたユーザーの皆様から頂いたご意見を元に、作業の流れはそのままで、より使いやすくするために大幅な改良をする予定です。特に、操作性の点でご不便をおかけした名簿周り、リース登録、備考欄と押印簿の拡充などを行うとともに、これまで広域組織におかれましては、応用的に使っていただいておりましたが、ファイルの統合などの機能も増やし、本格的に広域でも使えるシステムにしていく予定です。最新版販売まで、もうしばらくお待ちください。

ユーザーの皆様には無料で更新いたしますし、改良したものを新たに使う予定の新規ユーザーの皆様も昨年と同価格で販売する予定です。

さらに、もうすでに、宮城県と山形県につきましては、最新の取組番号表と申請・報告様式の準備が整い、ダウンロードサービスを開始(ユーザーのみ)しております。他県につきましても、各都道府県の基本方針や様式が公開されましたら、それらの情報に沿って次々とサービスを拡大していきます。ご期待ください。

楽ちん多面とは

多面的機能支払交付金の活用においては、申請書と実施報告書の作成において、農林水産省から多様な様式の作成が求められています。農林水産省からはExcelの様式が公表されていますが、写真の整理、活動記録等の作成には多大な時間がかかります。

楽ちん多面は、農研機構農村工学研究部門が先頭に立ち企画し、株式会社イマジックデザインが開発に携わり完成した、多面の事務処理を簡素化し、報告書作成を誰でもが簡単に作業できるようにしたソフトウェアです。

農村づくり・ICT支援研究会

農村づくり・ICT支援研究会は、元農研機構理事・農村工学研究部門長の山本徳司が会長を務める任意団体です。

このページでは、多面的機能支払交付金の会計、報告書作成を支援するPCソフト「楽ちん多面」についてのお知らせや操作方法について会長が自ら公表します。

農村づくり・ICT支援研究会のホームページは以下の通りです。多面関連情報を含め、農村づくりやICT導入についての情報が欲しい方は、こちらにもアクセスください。

https://nousonouen.com/

MENU